【こんな行動は即交際終了】デートの日時調整について

お見合い後、交際が成立しお互いの電話番号が開示されました。まずあなたがすることは、ファーストコールで(もしくはファーストコール後のLINEで)デートの日時を決めることです。

ここでポイント!

◆先に女性の都合の良い日時を尋ねてから、自分の都合の良い日時と合わせて調整すること!

弊社の女性会員からこんな話を聞いたことがあります。
交際中の男性に都合の良い日にちを聞かれたので答えたら、後日その男性から「今度の土曜日の18時に◯◯(お店の名前)で予約とっておいたんで!大丈夫?」という連絡がきたとのことです。

女性会員はその時、「ちょっと待って・・・。その時間で大丈夫かどうかは予約する前に聞いてよ!何の相談もなく勝手に決められた・・・。」と思ったそうです。その後、女性会員はその男性と信頼関係を築くことができないと判断し交際終了となりました。

もしかしたらその男性は「自分がリードしなければ」と思っていたのかもしれません。でも残念ですがそのリードの仕方では、女性からは「自分本位な人間」と受け取られてしまいます。

ましてや結婚相談所での出会いは、お互いにお見合いや他の仮交際相手とのデートの予定がある場合も大いにありえます。そのことを念頭において、お互いが一番ベストな日時を相談しながら決めることが大切です。

これから、交際が続き真剣交際になったとき結婚後の具体的な擦り合わせ段階に入っていきます。仮交際の段階でデート場所や時間を勝手に決められては、結婚の擦り合わせや結婚生活を考えたとき、

●自分の意見を言ったら否定されそう。
●自分の思い通りにならなかったら不機嫌になりそう。
●何でも指摘してきたり上から目線になりそう。
●モラハラの予感がする。

など、女性はここまで想像するものです。

デートの日時調整の過程は、その人の人間性が透けて相手に伝わる部分ですので、相手の立場になって丁寧に調整してください。

結婚するまでには、住む場所・家事の分担・家計・働き方など、自分ひとりでは決められないことがたくさん出てきます。そんなとき、「話し合いができる人」であるかどうかはとても重要なことです。

自分の意見ばかりを押し通すのではなく、相手の事情や気持ちも受け止めてあげられる心の広さやお互いに納得のいく落としどころを考えられることが大事になってきます。これは婚活に限らず、むしろ結婚してから重要になってくる部分です。

決して大袈裟なことではなく、デートの日時調整で優しさを感じられるか、反対に自分本位な人だと感じるかで、その後の交際を続けていくかどうするかを判断しても良いのかなと思います。

相手への気遣いのある人は、相手の都合を聞かず勝手に日時を決めようとしたりはしません。常に相手の気持ちを考えながら行動できるので、丁寧なデート運びができるはずです。

色々言ってきましたが、デートの日時は、まず女性の都合を聞いてからその中で自分の都合のよい日時と会わせて決めること。これができるだけで、きっとあなたの良さが相手に伝わるはずです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top