男に子作りのタイムリミットはない?精子老化の真実

結婚相談所で婚活を始める男性たちに「なぜ婚活を始めようと思ったのか?」と尋ねると、大半が『子どもがほしいから』という答えが返ってきます。これは、男性の年齢が30代でも40代でも50代でも、年齢に関係なく聞かれる言葉です。

子どもを希望する男性たちが結婚相手求める条件は、「安全に」「健康に」「すぐに」子どもを授かれる女性。つまり、20代~30代までの女性、できれば35歳以下の女性としている人が多いのです。

ちょっと待ってよ!
子どもを授かれるか授かれないかは「女性の年齢だけ」が問題なの?!

自分がいくつになっても若い女性を結婚相手の対象として考えている男性たち。「40代でも50代でも子どもはつくれる!」「自分には不妊の原因がない!」と思い込んでいる気がしてなりません。

婚活業界でも「妊娠・出産のタイムリミット」は、女性側ばかりが取り上げられています。でもタイムリミットがあるのは女性だけじゃない!と声を大にして言いたいんです。

精子の力は35歳ころを目安に衰え始める

女性の妊娠する力は年齢を重ねるごとに衰えていく、というのは周知の事実ですね。医学の進歩によってその原因は「卵子の老化」によるものであることが明らかになりました。

ところが実は、老化するのは卵子だけではありません。男性のカラダでつくられる精子も、年齢を重ねていくごとに衰えていくのです。

精子の老化は35歳ころから衰えていくと言われています。

最近の研究で“実は精子も加齢によって変化する”ということがわかってきたんです。加齢による精子の変化によって、産まれてくる子供の精神疾患小児がんが増えるという報告があり、これは精子のDNA損傷が原因の一つではないかと考えられています。

男性の加齢とともにDNAが損傷した精子の割合が増え、その結果自然妊娠や人工授精での妊娠率が下がるのでないかとも考えられています。

自然妊娠に関しては年齢に幅がありますが、男性も35歳から45歳を境に、子供を望んでから妊娠するまでに時間がかかり、妊娠率も低くなることが報告されています。また、男性が45歳以上になると、妊娠率が低く流産率が高いことを報告した論文もあります。

「男は何歳でも子どもをつくれる」
という考え方は捨てること

男性の中には、自分は運動もしているし、体力もあるから大丈夫と思っている人もいますが、見た目の若さや体力と精子の状態は残念ながら一致しません。年齢相応に精子は老化します

また、射精できていても、その中に「精子がいるかどうか」「動いているかどうか」「きちんと前進しているかどうか」「正常な形態の精子がいるかどうか」は別問題なのです。これらに関しては検査してみないとわかりません。

一般的に精液検査は、泌尿器科で受けることができます。子どもを希望して婚活を始めたのであれば、率先して検査を受けご自身の妊娠力を知ることも大切だと思います。

女性は年齢があがるにつれて、自分自身の妊娠力に不安を覚える人も少なくありません。でも、精子の老化はまだまだ知られていないので、男性の方が悠長に構えてしまい、女性が不安やイライラを積もらせています。

男性の妊娠力の衰えの年齢開始幅は35歳から45歳と広いですが、男性も35歳を過ぎれば妊娠しにくくなるということを知識として持っておく必要があります。

実際に私のまわりにも、妻には何も問題はないが夫の精子に問題があって不妊治療中だという方。また、以前勤めていた健診クリニックの婦人科検診でも同様に、夫が原因で不妊治療中だという方もたくさんおられました。

妊娠に関する年齢は決して女性だけの問題ではありません!男性の年齢も影響を及ぼしているということをしっかり理解したうえで、活動を進めていただければと思います。

自分の年齢に見合った将来設計を!

40代後半~50代の男性で子どもを希望する男性は本当にたくさんいます。子どもの参観日や運動会に行きたいと夢をたくさん語っているんですが・・・。

正直言ってこの感覚・・・疑ってしまいます。。。
“だったら何でもっとはやく結婚しようと思わなかったの?!何でこのタイミング?!”
よく考えてほしい。現実としっかり向き合ってほしい。

このご時世、一部上場企業が早期退職を募集。コロナ禍で多くの業界でリストラが加速しています。リストラが当たり前の時代です。

45歳以上となると、今から住宅ローンを組んでファミリーマンションを買うのも厳しいです。
賃貸で3LDKに住むより、今は金利が低いので買った方が安くなります。でも今から35年ローンを組んだら80歳を超えます。どうやって払っていくの?!

子育てだけでもお金がかかる上に、高い家賃払いながら生活していくことになります。

そして、子どもに一番お金がかかるころに自分は65歳に到達してしまうという恐ろしさ。
さらに、親の介護と子育てが両方襲ってくる。

莫大な財産があって、ポーンと家も買えて、このお金で子ども育てられるという人は別ですが、年収500万600万の45歳以降の男性が、子どもほしさに30代女性と結婚。
女性にはフルタイムで働くことを望み妊活×仕事の両立子育て×仕事の両立を希望するパターン。正直、女性の体と心はボロボロになります。

何が言いたいのかというと、男性には自分の年齢をよく考えた上で婚活をしてほしいということです。子どもが欲しくて婚活を始めたかもしれませんが、安易に若い女性を求めるのではなく自分の「精子の老化」も頭に入れておくこと。そして「将来のビジョン」も念頭に置いて将来計画を立てるようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top