【シフト勤務ナース】お見合いの日程調整について

結婚相談所のお見合いは土日に行われていることが圧倒的に多いです。なぜなら世の中土日休みの人のほうが多いからです。皆さん平日は夜遅くまで仕事をしています。

そのため毎週土日休みを確保できないシフト勤務ナースの課題となるのが、「お見合いの日程調整」となります。

シフト勤務ナースの婚活の心得逆境をチャンスに変える考え方についてお話します。
仲人のサポートとあなたの気持ち次第で婚活はうまくいきます!
是非参考にしていただければと思います。

お見合い日程調整の考え方

結婚相談所(IBJ)のルールでは、お見合いの「日程」「場所」は、原則、申し込みを受けた側を優先し調整されることとなります。

その場合、あなたから申し込みをしてお見合いが成立。するとお相手男性から仲人を通して、お見合いの希望日時が送られてきます。

平日忙しく働いている男性たち。土日を希望される場合がほとんどです。

そこで、あなたはシフトを確認します。
ところが・・・。
次の土日休みは3週間後までない・・・。

「仕方ない、だって仕事だもん。仲人さんに3週間後の土曜日でも大丈夫か聞いてもらおう。」

このケース・・・

看護師の婚活では気をつけなければいけないケースです。

いくら仕事と言えど、お見合いが3週間後はお待たせすぎという感覚が必要です。そして、担当する仲人も会員のシフト状況を把握してお見合いを申し込むタイミングなどを考えなければいけない責任があると思っています。

ここで問題となるのが、「待たせる側(あなた)」「待たされる側(お相手)」の上下関係ができてしまうということ。「待たされる側」の気持ちは、自分が希望した日時が通らず、“そんなに先になるのか・・・”と、どうしてもテンションが下がってしまうわけです。

お見合いは日程調整から始まっています

☑日程調整に時間がかかる。
☑お見合いまで日にちが空きすぎてしまう。
☑シフト勤務だからという理由で平日ばかりを打診する。

お見合いの日程調整では、このようなことをできるだけ避ける必要があります。

なぜならお見合いで重要なことは、【いかにお互いが気持ちよく会えるか】にかかっているからです。お見合いの日程がすんなり決まった時と、何度も調整してやっと決まった日程が3週間後とでは、お相手に対する印象に違いが出るのは当たり前の心理だと思います。

ですから「お見合いの日程調整がスムーズにいくこと」が重要なポイント!
まだお会いしたことのない、システムの向こう側にいる方の気持ちをどれだけ考えることができるか。

実はお見合いの日程調整には深い意味があるのです。

「私は、シフト制だから仕方ないでしょ」という考え方ではなく、土日休みではない自分がイレギュラーであることを率直に受け止めること。

そして、お相手への配慮と思いやりをもって調整していくことが大切になってきます。

ナース婚活は「仲人との緻密な連携」が必要不可欠

そうは言っても、婚活を始めたばかりの方はまだペースを掴めなかったり、お見合いや交際が始まると活動に集中するので、新たにお見合いを申し込むタイミングや人数などを考えることが難しくなってくるかもしれません。

でもご安心ください。こんなときのときのために私がいます。

あなたの婚活状況に合わせて、お見合いの申し込みや受諾するタイミングなど戦略的に考えます。仲人もあなたのシフトを共有することで、先を見据えた戦略的な婚活が可能となります。

シフト勤務ナースの婚活は「仲人との緻密なコミュニケーション」が必要であると考えています。

こういったきめ細かい戦略も、プライマリーハート青山が「少人数制」だから実現できる部分でもあります。

土日が休めなくてもハンデと考えずに、それをチャンスに変えてみせましょう!仲人と力を合わせればきっと縁は繋がります!

私は、婚活を頑張る看護師の方達が幸せな結婚を叶えることができるよう全力でサポートいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top