婚活はレスポンスの速さが命

婚活の世界には、入会した途端に光の速さで成婚退会していく男女がいます。

その男女を射止めることができる人には「ある共通点」があります。

それは、『レスポンスの速さ』です。
レスポンスの速さと成婚までの速さは比例すると断言します。

「私マイペースだし」「仕事が忙しいし」「行動力ないし」「優柔不断だし」

こう言いながら活動している人が縁を取りこぼし続け、いつまでもこの世界から卒業できないでいます。婚活の世界で日常茶飯事で起きている悲劇、そして「成婚できない人」が繰り返す活動方法についてお伝えしますので、是非参考にしていただければと思います。

レスポンスが1日遅れただけで起きる悲劇

あなたは、ある一人の男性にお見合いを申し込み、めでたく成立
お見合いが成立したタイミングで、お相手男性から仲人伝いで「お見合い日時の候補」が送られてきました。

そこであなたは自分のスケジュールを確認。
「この日にしようかな~」と考えながらも、すぐに仲人に返信することなく後回しにしてしまいます。

それから二日後。

あなたは思い出したかのように、「◯◯さんとのお見合いは◯日の◯時がいいです」と仲人に返信。

だが時すでに遅し・・・

お相手男性仲人へお見合い日時を伺うと、あなたが希望した日はすでに予定が埋まってしまったとのこと。あなたとのお見合いは「2週間後」になるとの連絡がきました・・・

この男性の「予定」とは・・・
あなたと同じタイミングでお見合いが成立した別の女性とのお見合いの予定が入ったと容易に推測ができます。

さて、「お見合いが2週間先になる」ということがどういうことかわかりますか?

あなたがこの男性とお見合いをする頃には・・・
この男性は、先にお見合いが成立した別の女性と、お見合いも含め2回~3回会えることになります。

お見合いが成立したタイミングは同じなのに、別の女性が自分より先に2~3回のデートを重ね関係性が築けていたとしたら・・・。男性にとってあなたとのお見合いは、違約金逃れの「消化試合」となってしまう可能性だってあるんです。

結婚相談所では、相性が合えば3回のデートで真剣交際(結婚前提のお付き合い)に進むなんてことはよくあることなので、お見合い前にその男性との出会いは死んでいる可能性もあるのです。

婚活の心得は「すぐやる実行力!」

このように条件の良い男性は、レスポンスの速い瞬発力のある限られた女性の目だけに触れ、1~2ヶ月という光の速さで真剣交際に入り、二度とお見合いの世界には戻ってくることはありません。

たった1日!たった1日返事が遅れただけで、婚活の世界では命取りとなってしまうんです。この事例は決して大袈裟ではなく、仲人なら誰でもわかっている婚活あるあるです。

とにかくお見合いの日時調整はスピード勝負です。
あなたが「いいな」と思っている男性には、必ず複数のライバルが存在していることを規模に命じておかなければいけません。
そしてそのライバルは強敵です。縁を掴む握力は強い!会うまでのスピードもはやい!お見合いが成立した3日後の週末にお見合いし、平日も含めたデートを重ね、あとに続く女性たちを寄せ付けないくらいの間隔でデートの予定をとりつけていきます。

「婚活は考えるより実行力」が大事!
頭で考えている合間に、ライバルたちはすでに動き出しています。漠然と結婚がしたいと思い描くだけでは結婚はできません。婚活に限らず物事には必ずプロセスがあります。そのプロセスを一つずつ「丁寧に」「スピーディーに」実行していく人が成功するんです。

とにかく「お見合いの日時調整は素早く!」「すぐやる!後回しにしない!」
これが、縁を取りこぼさない秘訣です。

婚活を始めたら「忙しい」は通用しません。忙しいのはあなただけではありません。仕事の合間や休憩時間、出勤・退勤途中の電車の中などの隙間時間にパパッと仲人に返信したり、いつでも婚活のことを気にかけているくらいの集中力が必要です。

ダイエットや禁煙、習い事など、今まで「明日からやろう!」と決めたことも後回しにしてきた。なんてことあったと思います。でも婚活は、「とにかくすぐやる!レスポンスはできるだけスピーディーに!」を心がけ活動することを強くおすすめします。

あなたが「いいな」と思う男性のまわりには、椅子取りゲームのように複数の女性たちがぐるぐると回りながら取り囲んでいます。その中であなたが一番先にその椅子に座ることで、ライバルより1歩先をリードできるのです。

先に出会ったからといって、必ず男性の心を掴めるとは限りません。
でも、一度「いいな」と思った異性が現われると、あとから出会った異性によほどの魅力がない限り、順位は劇的に入れ替わりはしないと思います。やはりデートが続いているということは、すでにお互いに心惹かれ始めて、関係性が築き始めているということになるので、それを逆転させることは簡単なことではありません。

「お見合いは成立した瞬間から始まっている」ということを意識して活動に取り組んでいただければと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top