割り勘?全奢り?1000円の使い方で運命が決まる!

本日のテーマは、婚活では1000円の使い方・考え方次第で運命が変わってしまうよ!成婚できるか否かは1000円の使い方で決まるよ!というお話です。

婚活現場では今どんなことが起きているのか?そして女性目線から考える奢り奢られ問題について、私の持論も含めてお話していきます。

「1000円でいいよ」と言われた女性の心理

婚活女性の中にこんな経験をした人はいませんか?

男性と美味しいものを食べに行って、会計時に「1000円でいいよ」と言われるケースです。

このケースについて女性目線から深く考えていきましょう。

“1000円でいいよ”という男性の心理はというと、ただ単にドケチな男性もいると思いますが、その他に「自分が全部奢ったら女性が居心地悪そうだから、居心地を良くするためにあくまで女性のためを思って1000円だけ頂く」という論理があるんですね。

実際に、全部奢ってもらうのは申し訳ないから割り勘の方がいいなと思う女性もいることはいます。一見この場合、1000円でいいよという論理は理にかなっているように思えますが、実はそういうわけではないんです。

***

いま婚活現場でどんなことが起きているのか?というと、男性から1000円でいいよと言われて、1000円を払わされたことが原因で交際が終了するケースはめっちゃ起きています。

そうすると、男性は「女は結局金かよ!」と思うかもしれませんが、この1000円でいいよをやってはいけないときにやってしまう人がいるんです。

例えば、二人でランチを食べに行って、会計が2800円だったとします。そこで「1000円でいいよ」という男性がいます。

奢っている金額いくらかわかりますよね?1400円引く1000円で400円だけしか奢ってないということになります。

なのに、「1000円でいいよ」ということによって、まるで自分がほとんど奢ったかのような振る舞いをする。そして女性も400円奢ってもらった結果、ありがとうと言わざるを得ないということで、ものすごく複雑な気持ちになる。それが原因で交際が終わるということが起きています。

女性心理として、“1400円のランチで1000円でいいよと言われるくらいだったら割り勘でいいわ!ありがとうって言いたくないわ!”と思うわけなんですね。この心理、自分が逆の立場だったらわかると思うんです。

じゃあ、割り勘派の女性が男性に全奢りされたとします。そしたら割り勘派の女性はどう考えるのか?

「私は割り勘派なのに全奢りされた!いやだから交際終了!」という人がいるのかどうかということです。

このケースはかつて見たことはありません。

つまり、1000円でいいよという1000円が起因してそれが交際終了の原因となることはあっても、全奢りをすることが原因で交際が終了することはないのだとしたら、全奢りしたほうがリスクはないという結論になるわけです。

その1000円は生き金か?それとも死に金か?

もちろんお金は大事です。その大事なお金をここぞという場面で出すことで、そのお金は生きたお金になるります。婚活は自分の人生を決めるまさにここぞという大事な場面です。

そこにお金を出せるか、出せないかで成婚が決まるか否かが決まってくると思っています。

◆自分にも他人にもお金を使いたくない人。
◆自分のためにはお金を使いたいけど、他人には使いたくない人。
◆自分は質素で物欲もないけど、他人にお金を出すことには抵抗がない人。

お金の価値観は人それぞれですが、婚活の世界では男女とも3番目のタイプが成婚しやすいと思います。

こだわって考えてほしいことは、女性から受け取ったその数千円のお金が「死に金」になるのか、「生き金」になるのかということです。

私が男性だとしたら、1000円でいいよといって女性から1000円をもらって交際が終了するんだったら、その1000円の節約ってめちゃくちゃ「死に金」だなと思います。

そしてリターンがたったの1000円しかない。

だったら私は1000円を頂きません。たった1000円で大事な機会を失ってしまうなら、私はその1000円は頂かないというふうに考えます。

割り勘主義の男性へ

それと、デート代は「完全割り勘主義」だと考える男性もいます。仲人目線これはやめたほうがいいと忠告しておきます。男だから全部払え!という意味ではありません。

あなたのライバルが全奢りしていた場合、あなたは圧倒的に不利になってしまうからです。つまりライバルの問題です。

ライバルの動きを意識するとき、デート代は全奢りしているというところまでおりこんでおく必要があります。割り勘といったって、それが交際終了の直接的な原因となれば、あなたの貴重な時間とお金がすべて水の泡になってしまいますよね?

全て水の泡になるくらいなら、数千円と引き換えにリスクは避けがほうがいいんじゃないでしょうか?

割り勘は交際終了のリスクが高くなるということ、そしてリターンがあまりない。数千円を節約できた程度のリターンです。

でも婚活の最大の目的である「お嫁さんをゲットするというチャンス」に対するリターンはゼロです。

だから、私はライバルに負けないために割り勘はしないで全奢りしたほうがいいと思っています。

だからといって会計が1万2万になるようなお店に連れていく必要はありません。
金額の高さよりも、落ち着く雰囲気の良いお店をうまく活用して会う回数を重ねていくことの方が大事です。そうなると一回の会計で1万円を超えるようなお店を毎回選んでいてはお金がいくらあっても足りません。

例えばホテルのアフタヌーンティーなどは、一人1000円代2000円代で高級で落ち着く雰囲気を買うことができるのでおすすめです。

長々と婚活における奢り奢られ問題について仲人目線から客観的にお伝えしてきました。

デート代を節約してその時は得をした感じても、結局は二度と取り戻せない貴重な時間を失うリスクがあるということをお伝えしたかったんです。

梅雨が明け猛暑が始まりましたが、今年の夏が良い出会いの季節となるよう皆さんの婚活を応援しています!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top