プロフィール写真は絶対にプロにお任せして!理由を解説!

結婚相談所で活動を始める前の準備としてもっとも重要なものがプロフィール写真です。
服装・髪型・表情・ポージングなど外せないポイントはありますが、まずはプロフィール写真の重要性と「きちんと撮る」ことの本質的な理由をお伝えします。

プロフィール写真をきちんと撮る本質的な理由

プロフィール写真には相手に対するおもてなしの意味も含まれています。

「相手に丁寧な姿を見せる」

というのが婚活には大切な姿勢でそれもひとつの良い印象になります。

真面目でまっすぐで真剣度の高い人は、スマホの自撮り写真や証明写真の余り?というようなプロフィール写真を見てこう思います。

「えっ、ちょっと待って!私はこんなに一生懸命に服も揃えて、髪もセットしてもらって、高いお金払って撮ったのにこんな写真でいいの?!」

「みんなきちんとした写真を撮っているのに、みんなと同じことができないってどうなの?」

という不満や怒り、嫌悪感に似た感情を抱く人もいるでしょう。

きちんとしたプロフィール写真を撮ることは、その人の真面目さ・真剣さ・本気度を伝えるものでもあります。

なぜ雑なプロフィール写真を載せているの?

プロフィール写真はプロに撮ってもらったものでなければいけないというルールはありません。自撮り写真だろうと証明写真の余りだろうと活動はできます。

でもなぜ、プロが撮ったクオリティの高い写真の方がお見合いが成立するのに、あえて自撮りのラフな写真を載せているのか?

ここからは私個人の推測です。
仲人型結婚相談所には必ず担当の仲人が存在しています。入会時に「プロフィール写真はプロのカメラマンに撮影してもらうことを勧める」「またその理由や重要性を説明して最高のスタートを切るためのアドバイス」といった、仲人による活動前のサポートがされていない可能性があるのでは?と思っています・・・(悲)

もしこの場合、自分が婚活を始めて異性のクオリティの高い写真を見て「やばい!!」と焦っている人も中にはいるのでは?と、私は日々新規会員のラフな自撮り写真のプロフィールを見つめながら思うのです・・・。

あとは、ラフなプロフィール写真は高年収男性に多く見られます。年収の高さだけでお見合いが組めるという自信があるのか、プロフィール写真には時間も手間もお金もかけないという考え方なのかもしれません。

写真はプロにお願いするべき理由

結婚相談所によっては、カメラの腕に自信のある仲人自らが会員のプロフィール写真を撮影しているところもありますが、たとえカメラが得意であっても素人には変わりないのです。

プライマリーハート青山が撮影を依頼しているカメラマンは、アシスタントを経て、活動の幅を海外に広げてこられたり、ウェディング写真撮影や婚活写真など、長年に渡り現場で培ってこられた技術はまさにプロ!

撮影同行でもライティングの繊細な微調整、数mm単位の角度調整、その場の楽しい雰囲気作り、時にはヘアメイクさんへまつげの上がり具合の調整依頼をしているほど、最高の1枚にかける情熱とプライドを感じます。

素人がそれっぽく撮影しても、プロが長年培ってきた技術には勝てるわけがないのです。

ですから、これから結婚という大きな決断をしようと真剣に考えているのなら、同じように情熱をもち心を込めてかたちにしてくれるプロにお任せしていただきたいのです。

プライマリーハート青山の想い

プライマリーハート青山の想いはただひとつ。
幸せな結婚を叶えてあげたい!それも遠回りせずまっすぐ良いご縁に向かって歩みを進めてあげることが最大の使命です。

活動がうまくいくかいかないかはプロフィール写真の良し悪しで決まります。雑なプロフィール写真で婚活をスタートし、活動早々お見合いが組めずに苦戦するという未来を歩んでほしくないというのが私の想いです。

ですから「プロフィール写真をきちんと撮ること」「その理由や重要性をお客様が納得できるようにわかりやすく説明すること」は、結婚相談所の仲人としての最低限の義務と誠実な姿勢だと考えております。

以上、プロフィール写真をきちんと撮るということにはどんな意味があるのか。そして、プライマリーハート青山が考えるプロフィール写真への想いを語らせていただきました。

婚活を頑張る皆さまの「本気」に誠実に向き合うこと。この想いはこれからもずっと変わらずに持ち続けていきます。

プライマリーハート青山が考えるプロフィール写真の本質は、これから活動を頑張る会員様への「エールを込めた贈り物」です。素敵なプロフィール写真は活動スタートの弾みになります。撮影後、会員様が笑顔になれる写真を目指して一緒に準備を進めていきましょうね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top